今日も元気!

いつもの感じ。。

私のような万年筆を趣味に集めるほどの者が、現在は、パソコンを使う事が大半となっている事には、半ば驚きのようなモノを感じます。しかし、いくらワードを使って文字を書くことに慣れきったとしましても、ときおり、永く久しい人に手紙を書くときには、手元に所有しております万年筆を取り出して、想いをたくさん詰めながら、文字を書き進めてまいります。
一字一句の中に、相手の顔や仕草が浮かんだ状態が記録されていくようなモノですから、当然その思いが相手方に、ブレなく伝わっていく事になります。そういった意味で、万年筆と言う文字書き手段は、とてつもなく感情移入していく事に大いに貢献していると思います。不思議と、万年筆書きの最中には、意味深な心が過ぎってくるのです。

家の外側はなかなか掃除する事もないので、普通に水をかけただけでは落ない汚れは結構あります。
そんな汚れに高圧洗浄機を使用して掃除してみたところ、みるみるうちにキレイに汚れが落ちていきました。
家庭用の高圧洗浄機でもかなり掃除には使えます。
車に対しても利用したりしますが、タイヤや車体下部についた泥も水垢もきれいになるので大変満足しています。
ただ、洗浄機の電源について困る事もあります。
コンセントまでのケーブルが思ったより長くなく、掃除したい場所まで届かない場合もあるので、仕方なく延長コードを買って洗浄機が使用出来る範囲を広げました。
後は思ったよりも機械の音が大きいので使用する際は時間帯を考えた方が良いです。
その名の通り高圧の水が出ますので、勢いがかなり良いです。
使用する際は結構跳ね返りもありますので、衣服にも気を使った方が良いです。
準備に少々手間がかかるので利用する頻度は決して多くはありませんが、あったらあったで重宝するものです。
ヒダカ高圧洗浄機HK-1890を最安値で買える通販ショップはどこ?

出産した日の前々日の夕方に、最初の陣痛がきました。
「あれ、下腹が少し痛むかな?」と思うレベルのとても軽い痛みでしたが、予定日をすでに何日か超過していたこともあり、すぐに陣痛だ、とピンときました。
海外在住だったということもあり、日本に一時帰国した際に妊娠出産関連の書籍を山のように買い込み、それを隅から隅まで熟読する日々でした。
それらの本には、陣痛が始まってもあわてないように、陣痛が10分間隔になってから病院に行かないと一旦家に帰されてしまう、といった体験談が掲載されていて、初めての出産を前に緊張していた私はそれらの情報を鵜呑みにしていました。
出産前日の夜、まだ10分間隔にならないから、と痛みを我慢して家で夕食を食べ、翌日には病院に行くことになりそうだから、とお風呂に入り、もう遅いから朝になってから病院に行こう、と無理やり寝ようとしました。
しかし、痛みがどんどん激しくなってきて、当然ながら寝ようと思っても寝られません。
そうこうしているうちにパン! と大きな音が響き渡りました。
破水でした。慌てて夫の運転で病院に向かったら「どうしてもっと早く来なかったのですか」と怒られてしまいました。
明け方の5時に出産したので、もしあのまま朝まで我慢していたら、自宅出産になってしまっていたと思います。
キューズベリーの抱っこ紐の評判と口コミは?

会社の昼休みに抜け出して、ちょっとお洒落なお店でゆったりランチを愉しむ。
TVや雑誌のOLさんを見ながら、そんな風に妄想をしていた過去の私。
待っていたのは、入った会社の近くにはお洒落なお店どころか、ランチを食べられるようなお店もなく、
コンビニのイートインスペースかスーパーのフードコートの二択という悲しい現実でした。
会社でまとめて頼むお弁当は、男性向けなのか、ご飯の量もおかずの量も凄くて。
先輩が入社して3カ月食べ続けたら、みるみる太ったという笑えない噂が。
仕方がないので、自分でお弁当をつくって持っていくことにしました。
少し早起きしなきゃならないから辛いし、ちょっと面倒臭いけれど、
経済的には助かって、何より太るよりはマシ!
と思いながら、なんとか数か月続いています。

お昼の悩みがもう一つ。
会社の食堂はいつも混んでいて、ゆったり気分になれないんです。
ざわざわした喧騒に耐えられない、そんなときはちょっとだけ会社を抜け出して
すぐそばの小川沿いでお弁当タイムをすることにしてみました。
梅雨時期や、夏の暑い時期、冬の寒い時期は無理だけれど、
春のぽかぽか陽気の中で、ふんわり風に吹かれながら川の岸辺でランチをしていると、とっても贅沢な気分になれます。
思い描いていたのとは違うけれど、自分なりの楽しいランチタイムの過ごし方を見つけられました。
お中元「つぶらなカボス」は郵便局で

ブランド品のあまり高価な蟇口は購入できない故比較的値頃ものを選びました。これが不可解なんですが、前部の紙入れは疾うにぼろぼろで絶好レシートとかもくちゃくちゃに入っていたのですが、清新金嚢に代えてからお札をそろえるようになり、お金と紙入れ自体を貴重に操るようになりました。

3000円くらいで何よりいいものがあったからそれを買い、刻下活かすしてます。前にはこんなこともなかったのですが、巾着1つでその方って豹変ことができるんだなと実感しております。

最近、銭入れを買い換えました。銭入れはこの方の処世を大きく左右するものかもしれませんね。

折りたたみの巾着を持っていたのですが、なるべくお札を折り曲げないほうがいいということを拙作で読んだ故今回は長金嚢にチャレンジしてみました。ちょっと心底も広くなったような実感さえするときがあります。

この年齢になって気付くのが手後れですよね。自らがお素封家になったという感覚もまるでなく儲けは前にと変わりませんが、長金嚢に代えた向後は募金折箱を縦覧と万象に募金をする自身がいて何だか奇しいな意気です。

お素封家にはお金の処分を必要にするその方が少なからぬと聞いたことがありますが、たぶんこういうことなんじゃないかなとこうなったからにはつつ実感ています。
クリスマスにピッタリのメンズ財布はコレで決まり!

このページのトップヘ